ゴルフ

ゴルフでスコア100を切るコツとは?

アマチュア必見!どうすれば100を切れる?

ゴルフは一昔前ほどの人気は無くなってはいますが、それでも根強い人気を誇るスポーツです。
また、会社員にとっては付き合いなども含めてプレイしている方が多いスポーツでもあります。

そしてこのスポーツはかなり奥が深く、趣味でやるにしてもスコアを上げるためには様々な努力が必要となるのはプレイしたことがある人なら誰しも感じていることでしょう。

特に、アマチュアの壁とも言われているスコア100切りにはなかなか苦労している方も多いようです。
では、ゴルフでスコア100切りを実現するためにはどんな事に気を付ければ良いのでしょうか。

パッドが一番大事

それでは、100切りのコツについてまず技術面から触れていきます。
技術面でスコア100を切るために最も重要なのは、実はパットなのです。

というのも、ゴルフはあくまで打数を競うスポーツとなります。
いくらドライバーで100ヤード遠くへ飛ばせるようになっても、1mのパットを外してしまったら1打の損なのは変わりがありません。

なのでアマチュアゴルファーにとってスコアを上げて100を切るための基本は、パットの精度を上げるという事になるのです。

しかも大事なのは1打で決めることではなく、3打となってしまわないこととなります。
極論ですがすべてのパットを2打で終わらせれば、かなり安定したスコアが出るからです。

では3打となってしまわないためには、どんな事に気を付ければいいのでしょうか。
まず重要なのは、外した後のことを考えるということになります。

もちろん1打で決めることができるのは理想なのですが、外した後に次で沈めることができる位置に止まれば2打で終わることができるからです。
これはプロも意識していることとなります。

OBを出さないこと

次に作戦面で大事なのは徹底的に細かく刻んでいく、という点です。
100切りを達成するためにパット以外で重要なのは遠くまで飛ばすことではありません。

では何が重要かというと、OBを出さないことです。
今の自分の技術力をしっかりと把握し、無理のない範囲で刻んでいくことがスコアを確実に縮めることへと繋がります。

例えばドライバーがあまり得意ではないと感じる方は多いのですが、そういった場合は一切ドライバーを使わないという選択をするのもありだと言えるでしょう。
ドライバーの飛距離を伸ばしていくのは、スコア100を切ることが安定してできるようになってからでも遅くはないのです。

【動画まとめ】ゼロからわかる!初心者のためのドライバーの打ち方12選! – レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】

ダブルボギーで良いと考える

そして最後にメンタル面で気を付けることをご紹介します。
これは分かりやすく言えば、ゴルフをプレイしている際に常に気を付けておく心構えのような事です。

それは、ダブルボギーで良いと考えるという事となります。
通常、ゴルフの基準となる打数はパーです。

しかし、全てのホールでパーが取れるようなら100どころかもっと先の目標が達成できてしまいます。
今回目指しているのは100切りという地点なので、それでは気負いすぎてプレイが空回りしてしまい結果的には逆効果となる可能性が高くなるのです。

そこでお勧めしたいのが、ダブルボギーで良いと考えるという事なのです。

いかに大叩きしないようにするか?それが100切りのコツ

全ホールをダブルボギーで回る事ができれば、スコアは108となります。
ここを基準として後9打だけ良い結果を残せば、スコア100を切るということが達成できるのです。

こう考えていけば気分はかなり変わるのではないでしょうか。
これは特に、パーやバーディを取れる事がある人におすすめしたい考えです。

というのも各ホールでこういったスコアが取れるのに100以上のスコアとなってしまうのは、大叩きしてしまうホールがあるからとなります。
目安をダブルボギーにおいて大叩きをしないように気を付けていけば、そうした方はすぐに100切りが現実的となってくるでしょう。